日本製オーガニックコットン100%の生地


フェリダおススメのオーガニックコットンを販売しております。

フェリダは、オーガニックコットンだけは必ず日本製がいいと
しかも絶対に信用できるメーカーさんから仕入れたいと
初志を貫徹いたしました。

適度な撚りと織の密度で、綿本来のやわらかさが残っています。
だからとても肌触りがいいのです!

自信を持って販売しております!


【お知らせ】

オーガニックコットンガーゼ生地注文の急騰により、
シングル・ダブルガーゼ生地は1m単位で裁断し発送させていただいておりましたが、
6月より、在庫がある場合は途中裁断なしでのカットも承っております。

その場合はご注文の際、備考欄に「ガーゼ生地途中裁断なし希望」と記載ください。
在庫を確認し、可否をご連絡させていただきます。

尚、二重ガーゼの場合は2mまでシングルガーゼの場合は3mまでクリックポスト対応可能です。
それより長い場合はレターパックプラス、または宅配便での発送となります。
*レターパックプラス、宅配便ともに12,000円以上のご購入で送料無料となります。

オーガニックコットン100%

  • 前のページ
  • 25商品中 1-25商品
  • 次のページ
おすすめ順  |  価格順  |  新着順
  • 前のページ
  • 25商品中 1-25商品
  • 次のページ






    

    マスクの作り方
    ご紹介いたします
    


  >>>詳しくはこちらをご覧ください






フェリダの二重ガーゼハンカチ作り方

    ハギレは捨てないで!
    二重ガーゼのハギレで
    簡単ガーゼハンカチを作っちゃお!
    


    >>>詳しくはこちらをご覧ください。









参考 フェリダのシングルガーゼとダブルガーゼの目の比較



シングルガーゼの方が少し目が細かく織られています。

マスクを制作される場合、
二重ガーゼでもシングルガーゼでも問題ありません。

シングルガーゼの場合でも二重に重ねれば十分ですが
厚みに心配ある方は三重にしてご使用ください。
*あまり重ねると息苦しさを覚えることもあるかもしれません。
 個人差がありますのでご自身で調整ください。






【オーガニックコットン 取り扱いについて】

液温は40℃を限度とし、洗濯機で洗濯ができます
酸素系漂白剤の使用はできますが、塩素系漂白剤の使用は禁止です
底面温度200℃を限度としてアイロン仕上げができます
パークロロエチレン及び石油系溶剤によるドライクリーニングができます








|どうしてオーガニックコットンなの?
|オーガニックコットンを選ぶ理由






オーガニックコットンとは、
3年以上農薬や化学肥料を使わない農地で栽培された綿花のことです。


綿生地の原材料である綿花は、
収穫後には生地などに加工します。
口に入れるものではないため、
野菜などと比べるとはるかに大量の農薬を使用します。
しかし実際に収穫された綿花には残留農薬はほとんどなく、
オーガニックコットンでなくても
農薬の影響を受けるといったことはほとんどありません。



|ではそれなのに最近ではなぜ
 オーガニックコットンを選ぶ人が多いのでしょうか?
|理由は大きくわけて二つあります。



科学的にはオーガニック農地で栽培された綿花と
オーガニックでない農地で栽培された綿花の違いは
ほとんど確認できません。
ですのでアトピーなどの敏感肌ではない方は
普通の綿生地を使用してもまったく問題ありません。

ですが敏感な方には、
このわずかな違いにより影響を受ける可能性は否めません。
また病中病後の方、赤ちゃん、介護を必要とする方などのために、
より安心安全に栽培された綿花からできた生地を
使用したいと考えるのは当然のことでしょう。
大量の農薬を使用している画像を一度目にしてしまうと、
不安感を煽られます。
ご自身のためにも、より体にやさしい素材でできた生地を
選びたいと考えてしまうことも至極当然です。


フェリダでも、店長である自分に
突然まさかのじんましんが発症してしまい、
化学繊維の下着を着ていたら
チクチクするのを感じたことがありました。
気のせいだったのかもしれませんが…、
オーガニックコットンの下着に変えたところ
ふとかゆみが収まったという経験をし
それからはデリケートな肌に当たる部分には
できるだけ上質なオーガニックコットンを
使用したいと願うようになりました。

正直なところ、自分のために
納得のいくオーガニックコットンを探しだしたというのが
フェリダでオーガニックコットンを
扱うようになった理由でもあります。



|もう一つは、オーガニック農法は生産者の体にも優しいということです。


現在、世界で問題になっているのは
コットン農場で働く人々が
大量の農薬を使用することで
健康を蝕まれているという事実です。
また大量の農薬により土地はやせ細り、
地下水に農薬が溶け込み
農場周辺の住人も健康を蝕まれています。

オーガニック農法が増えるということは、
イコール地球に優しい活動でもあるのです。
そしてオーガニックコットンを購入するということは、
間接的に地球にやさしい活動をしていることになるのです。

しかし当然のことながら
オーガニックコットンを生産するには、
手間暇がかかります。
それだけオーガニックコットンは
高価な生地にもなってしまいます。


生活の一部に少しずつ
オーガニックコットンを取り入れてみませんか?





フェリダ店長の独り言のページ
オーガニックコットンのお話
どうしてオーガニックコットンがいいんだろう?
オーガニックコットンの選び方

  *お客さまからのご質問なども加えながら、独自の見解も含めて
   もう少しつっこんで説明させていただいております。