2021年7月28日 ページをリニューアルしました!!



布ナプキンを作ろう!無料型紙も用意しています 

フェリダオススメ!
オーガニックコットンと透湿防水布でかんたん布ナプキンの作り方








布ナプキンはサニタリー用だけでなく、
軽失禁などで悩んでいる方にもお勧めします。



■ 体にとってもやさしいのが布ナプキン

それにしてもどうして今、布ナプキンが流行っているのでしょうか?
これは女性特有の悩みを解決してくれるからです。
生理の際に女性がもっとも悩んでいることは、
デリケートゾーンのかぶれ、かゆみ、そして独特の臭いです。
これらの原因は実は『ムレ』からくるのです。
ムレが原因で雑菌が繁殖し、かゆみやかぶれを引き起こし、
独特の臭いを発生させるのです。

布ナプキンにすることで、かゆみや臭いをおさえてくれるのはもちろん
子宮の病気や冷え症、不妊などの問題にも有効と言われています。



月経だけじゃない日常の『ムレ』以外の不快感・心配から、
デリケートゾーンのストレスを軽減しましょう。









■ 布ナプキンの仕組み構造


準備するものを上から順番に紹介!!

■ まずは肌に触れる側の生地を用意します。

吸水性の高いコットン100%の生地を選びましょう。
中でもデリケートゾーンの肌にやさしいオーガニックコットン100%の
ガーゼ生地をフェリダではお勧めしています。

  >>フェリダおすすめオーガニックコットンのページ





■ 次に吸収体

吸収体は水分を溜めておくところ、
多い日用として使用するナプキンは厚めに、
軽い日用やパンティライナー用は一枚挟むだけで十分です。

透湿防水布と肌側のオーガニックコットン生地の間に、
コットン生地を数枚挟みこみましょう。


間に挟む生地は綿の古着を利用してもとってもエコです。
着なくなったコットン100%のTシャツなどを利用しましょう!
綿100%であることを確認して使用してください。
綿は天然素材で吸収性がとってもいいためです。
着古しのTシャツと言えど、できるだけ白や生成りなどの
化学染料が多く使われていないもののほうがいいでしょう。
心配な方は吸収体にもオーガニックコットンを使用しましょう。

人にプレゼントしたり販売する場合などは
新品のガーゼ生地を使用しましょうね!





■ 3番目は防水シートを用意します。

防水シートの中でも、湿気を通す透湿防水布がお勧めです。

布だけのナプキンだと、多い日、経血が布から漏れ出るのが心配・・・
そこでこの透湿防水布が活躍するのです!
経血という水分は外に漏れ出さないけれど、
肌から出る汗などの湿気や水蒸気は生地から外へ逃してくれるので、
布ナプキン内部がムレにくいのです。

>>透湿防水布が肌にいい理由





■ 最後は気分が高揚するかわいい生地を外側の生地として使用しましょう!

生理のときってなんだかちょっと憂鬱だったりします。
そんなときはちょっとでも気分が高揚するように
布ナプキンにかわいい生地を使用してみましょう!

お気に入りの布で作れるのも、ハンドメイドならではです。











■ フェリダおススメの透湿防水布とオーガニックコットンはこちらから

  >>透湿防水布のページ

  >>オーガニックコットンのページ


【シングルガーゼ】 ベーシックなガーゼ素材です。
フェリダでは多種のかわいい色のシングルガーゼを揃えているので
おしゃれなファッションとしても楽しめます。


【二重ガーゼ】 二重ガーゼはわざと粗い平織で、
肌触りが良いように織りあげているデリケートな生地なので
浸透性が良く、横漏れしにくいです。


【クレンゼ加工】 +機能素材として最適です
コロナウイルスだけでなく多種の細菌に効果を発揮します。
布ナプキンは長く使用していると雑菌の繁殖が心配…
臭いの原因にもなります。
そんなときに強い味方になる抗菌ガーゼ。

  >>抗菌抗ウイルス加工(クレンゼ(R)とは


オーガニックコットンの選び方は人それぞれです。
ご自身のお好みで!!


  【参考】店長アサイがオーガニックコットンに思う独り言…








表紙


■ とってもとっても簡単な布ナプキンの作り方


フェリダオリジナル型紙と生地がセットになったキットをベースに
ご説明します。一番下にキットの販売カートもご紹介しますので
見てみて下さいね♪
昼用も夜用も同じ作り方です!

布ナプキン作り方1

★型紙を準備して必要なパーツをカットします

縫い代を7mm含まれています。
ノッチ(合印)と中心に2mm〜3mm切り込みを入れておくと便利です。
吸収体は型紙を★印の線で折り曲げて裁断します。
他、オーガニックコットン・プリント生地・透湿防水布のパーツは同じ形です。



布ナプキン作り方2

★吸収体を作ります

かさ増し部分を中央に置き、長い方の端をミシンで縫い押さえます。
写真は11cm×7cmの大きさでオーガニックコットンシングルガーゼを4重にしています。

使用する素材によって厚さも異なります。
ご自身の必要量で調整してくださいね。
あまり厚くすると使い心地がかえって悪くなりますので
多い日はこまめに取り替えることをお勧めします。
いくら布ナプキンといえど、衛生的にも重要なことです!



布ナプキン重ね順

布ナプキン作り方3

★パーツを重ねて縫い合わせる
縫い合わせる前の生地の重ね方はもっとも重要です。
順番と裏表を間違えないように慎重に重ねましょう!

重ねる順番は下から
・オーガニックコットン (表を上)
・プリント生地 (柄面を下に向ける)
・透湿防水布 (つるつるしたポリウレタンフィルム側を下に向ける)
・吸水体 (かさ増し面を下に向ける)


布ナプキン作り方4

この時ひっくり返し口を一ヶ所空けておいて下さいね。
大体、合印から合印が目安です!



布ナプキン作り方5

プリント生地とオーガニックコットンの箇所を持ちひっくり返します。

アイロンで整えます。
周囲にステッチを掛け、内と外を返した箇所を閉じる



布ナプキン作り方6

★スナップボタンをつけたら完成!

スナップつける位置は、布ナプキン本体を輪におり型紙を重ねて
しつけ糸などで印をつけると左右対称になります。

金属アレルギーの方はプラスチックのスナップボタンを
利用してくださいね。






■ ■ ■ 注意!! ■ ■ ■ 

透湿防水布に待ち針は禁物!!
穴の空いたところから漏れ出す恐れがあるためです。 ソーイング用のクリップを利用するをお勧めいたします。

透湿防水布に直接アイロンを当てないで!!
低温で必要最低限だけにしましょう。



透湿防水布 注意事項











■ 布ナプキンの無料型紙



【無料型紙】布ナプキン



レギュラー

ナイト1

ナイト2


・家庭用プリンターで印刷できます
 A4サイズで出力を100%に設定して印刷して下さい

・この型紙で製作した作品は商品として販売頂けます。
 ただし、型紙自体の転記ならびに転売は厳禁とさせて頂きます。




■ 夜用サイズ型紙の繋げ方

型紙繋げたた1

型紙繋げたた2

型紙繋げたた3

縫い代位置を折り曲げ、夜用サイズ[1]の点線に合わせる。
メンディングテープで止める。

型紙繋げたた4

型紙繋げたた5

中心線を一気にカットすると真っ直ぐ歪みのない型紙が作れますよ!










■ ワンポイント!自分に適した形を作りたい

下記を参考にアレンジしてみて下さいね。

たて巾   多い日用、軽い日用、夜用で長さは異なります。
      目安はレギュラー用で約19〜24cmほどです。

ショーツ巾 ご自身のご使用ショーツ巾によって
      もっともしっくりくる横幅が決まります。
      通常ショーツは約6cmほど、サニタリー用は約8cmほどです。


横幅    ショーツ巾を考慮して
      もっともしっくりくるを長さを決めましょう。
      目安はレギュラー用で約17cm〜20cmくらいです。

      吸収体を何枚か重ね合わせる場合も
      ショーツ巾を考慮しましょう。
      横もれが気になる場合はショーツ巾より少し大きめに
      生地をカットしましょう。


スナップボタンの距離  こちらもショーツ巾によって異なってきます。
            目安は15〜17cmくらいです。





リニューアル前のページにはライナーの作り方も載せています。
そちらを再度ご覧になりたい方はこちらをご覧ください。
【リニューアル前のページ】 簡単布ナプキンを作ろう!無料型紙も用意しています








  >>キット内容の詳細はこちら









【ご注文の仕方】  ご注文の仕方の一例です。参考にしてくださいね。





カートに入れていただいた後、カート内の備考欄にご希望の生地を以下の様に具体的に記載してくださいね。



  >>キット内容の詳細はこちら