布ナプキン必須アイテム
透湿防水布(とうしつぼうすいふ)について




透湿防水布の販売を始めました!




最近、ブームになっている布ナプキンや布おむつ。
これらの内部に縫い込まれている
『透湿防水布』(とうしつぼうすいふ)について。

これがとってもすぐれものの生地なんです。


>>フェリダの透湿防水布はこちらからご購入いただけます。





見ての通り、薄くて軽い素材の生地です。


透湿防水布というのは、
湿気は通すけど水分は通さないという生地です。

通常、防水シートというと
ゴムやビニールなどの素材を思い浮かべますが
これらの素材は水分を通さないけれど、湿気も通さないので
雨の日、カッパとして着用すると、
内部が熱や汗でむれむれになってしまいます。
ちょっと運動するものなら汗でべとべと、
臭いやあせもなどの原因にもなってしまいます。




でもなぜ湿気は通しても雨などの水は通さないの?
そんなことが可能なの?

なぜなら湿気などの粒子の方が、水の粒子より小さいため、
湿気の粒子は通ることができるけど、
水の粒子は通ることのできない穴を
生地表面に施しているからです。








さて、この透湿防水布ですが、
表面は100%ポリエステル天竺、
裏面は透湿ポリウレタンフィルムという素材です。


まずは裏側の透湿ポリウレタンフィルム面から説明します。



こちらの面は手で触るとつるつるの触感で、
完全に水をはじきます。
生地に一切浸透しません。吸水性は0です。
いわゆるビニールと同じです。
これだけ水を弾いても、湿気だけは通すのです。
理由は前述したように、湿気の粒子の方が小さいためです。

ただし一切の水分を弾くので、
子供のおしっこなどをこの生地の裏面で直接受けると
そのまま流れて生地の外へ伝い漏れしてしまいます。
ビニールやゴムと同じです。








では表面の100%ポリエステル天竺側は…?



こちら側は生地の素材感がありさらりとした手触りです。
わずかながら吸水性があるため、
水を垂らすと一瞬で表面に水分が広がります。




湿っていますが、水分は反対側に漏れ出ていません。

もう少し拡大して見ると…



上の写真は水を垂らしてすぐの状態です。



こちらはその数秒後です。
水が生地面に広がっているのがわかります。


布おむつや布ナプキンとして使用する場合は、
こちらのポリエステル天竺面を肌側にします。
おしっこや月経などの水分は
こちらのポリエステル天竺面で受け止めます。
生地を通して外には漏れ出ません。

そして肌から分泌されるデリケートゾーンの湿気は
外へ逃してくれるため、蒸れません。
 
 
 
 
 
生理の際に女性がもっとも悩んでいることは、
デリケートゾーンのムレやかぶれ、かゆみ、
そして独特の臭いです。
これらの原因は実は『ムレ』からくるのです。

ムレが原因で雑菌が繁殖し、
かゆみやかぶれを引き起こし、
独特の臭いを発生させるのです。




ただし、透湿防水布自体に吸水性はほとんどないため、
布ナプキンや布おむつを作る場合は、
この透湿防水布の上に
綿(コットン)などの吸水性の高い生地を挟んでください。

デリケートな肌に触れるので、
できればオーガニック100%の綿生地をお勧めいたします。
(オーガニックと記載があるものでも
100%でない生地もたくさんありますので
選ぶ際には気をつけてください)



フェリダではオーガニック100%の綿生地
ご用意しています。
安心の日本製です。
(輸入生地ではありません)



透湿防水布はこちらから購入いただけます





布ナプキンや布おむつは
素材さえ揃えばだれでも簡単に作れます!
ぜひご自身で納得いく素材だけを厳選して
手作りしてみませんか?

>>布ナプキンの作り方はこちらをご覧ください











手作り布ナプキンお試しキットをご用意しました!





『一度自分で作って使い心地を試してみたい』
という方のために、
布ナプキンを手作りするための三種の神器、
透湿防水布
オーガニックコットン100%生地
アートギャラリーの生地
セットにした手作り布ナプキンお試しキット
ご用意しました!


こちらからご注文いただけます 















透湿防水布はこちらから購入いただけます







■ 布おむつや布ナプキンとして使用する場合 

 
透湿防水布自体に吸水性はほとんどありませんので、
透湿防水布の上に綿などの吸水性の高い生地をはさんでください。
多い日用として使用する場合は
布を何枚か重ねて縫製することをお勧めします。


■ お昼寝シートとして使用する場合 

赤ちゃんがおねしょなどの粗相をしても
布団にまでおしっこが漏れ出しませんが
赤ちゃんの背中から出る汗はお布団側に逃してくれます。
透湿防水布自体に吸水性はほとんどありませんので、
布おむつ等と同様に透湿防水布の上に
綿などの吸水性の高い生地をはさむことをお勧めします。



■ 透湿防水布をそのまま使用する場合

透湿防水布を布団とシーツなどの間に
直接挟んで使用いただくことも可能ですが、
繊細な生地のため洗濯の際は手洗いをおすすめします。



【使用の際の注意点】

経年で透湿防水効果が弱まってまいりますが、
大事に扱っていただければ数年は透湿防水機能が持続します。