緊急! コロナウイルス予防に備えて マスクの作り方をご紹介します





2月中旬よりオーガニックコットンのガーゼ生地をご購入されるお客様が
大変多くなっております。

街中からマスクがなくなって
マスク難民がとってもたくさんいらっしゃるとのこと、
取り急ぎ取り急ぎフェリダでも簡単なマスクの作り方をご紹介いたします。
3枚ほと作れば洗って使いまわせます!

超特急で制作したので、サンプルがちょっといびつでごめんなさい。
ひとつ15分〜20分くらいで制作しております。


材料 二重ガーゼまたはシングルガーゼ生地
   (50cm×巾108cmの二重ガーゼでマスクが4〜5枚作れます)
   ゴム42cm











1. 20cm×21cmにカットしたガーゼ生地を2枚用意します。


 *シングルガーゼの場合も2枚で問題ありません。
  厚みに心配がある方は3枚で作成してみてください。










2. 2枚を重ねて、下の図の様に上と下の両端を縫います。
  (縫い代は5mmから7mmほど)

  その後、内と外をひっくり返します。








3. アイロンできれいに形を整えます。

  そして両側1.5cmほど内側に折って、アイロンをかけます。


  その後、左右にタックを2、3か所入れます。



  タックの入れ方はお好きな様で問題ありません。
  サンプルでは3か所に入れています。
  タテの完成サイズが約10cmになるように調整してください。










4. 21cmの長さにカットしたゴム2本用意します。
  完成品のようにゴムの端を1cmほど内側に入れて、周囲を縫い合わせます。











完成です!!




   これは大人の標準サイズのマスクです。
   *各お顔サイズに合わせて完成サイズを調整してももちろんOKです










【参考】子供用、大人Sサイズマスク






尚、ゴムも不足しているとのことで
肝心のゴムが手に入らない!というお声もお伺いします。
その際はいらない服やズボンに使われているゴムを切り出して代用することも可能です。






【追記1】



フェリダでは、写真の様にゴムの長さを調整できるように
上記の様に作成しております。

遠くの知人に送ってあげる際も
これなら自分で長さを調整できます。

ガーゼ生地は縮みやすいので
必ず洗濯をしてからゴムの長さを調整して
ちょうどいい具合のところでぐっとしばって
不要なゴムをカットしてください。

できるなら2回は使用してからカットすることをお勧めします。



【追記2】


子供用マスクのアレンジ




使い捨てマスクは嫌だという子供さんにおススメ。
かわいいマスクだと、自分から進んでマスクを着用することも!







シングルガーゼで作ったマスク








シングルガーゼの方が二重ガーゼに比べて厚みがなく、織り目も細かいため
縫製しやすいですよ。






注意)ウイルス予防対策としてマスクは必需品ですが、
二重ガーゼマスクはウイルスの侵入を防御できるわけではありません。
飛沫感染を防ぐ目的や、細菌のついた手で顔を触らないように等の
予防のために使用してください。