布90cmとキルト芯50cmで作れちゃう!簡単キルトバッグの作り方




もともと肩こり症で、とにかく軽いバッグがほしいと
あれこれ試作してここにたどり着いたというバッグ。
その作り方をご紹介します。
至ってシンプルで簡単です。




 ミシンとアイロンがあれば
 所要時間2時間ほど
 簡単に作れちゃうバッグです!
 ART GALLERY FABRICSの布と
 キルト芯だけで作っているので
 とっても軽い

 長時間カバンを肩にかけていると
 肩が痛くなっちゃうなんて方に
 特にお勧めです。






 用意するもの 



・ART GALLERY FABRICSの布 90cm(生地巾108cm)

片面接着キルト芯 50cm(生地巾90cm以上)
  *サンプルバッグで使用しているのは厚み3mmのキルト芯です




あると便利なもの
・ホックやマグネットホックなど
ART GALLERY FABRICSの織ネーム



  >>キルト芯はこちらにご用意しています
  長さ50cmでのご用意ですが、
  遊び部分含めて55cmほどでカットいたしますので
  バッグ作りにご利用いただけます!



  >>サンプルバッグで使用している生地です

     Petal Picking Dense







 おおよその完成サイズ 






 おおよそのサイズです。
 マチは15cmです。

 本体の高さは35cm
 (マチ部分を除くと28cmです)













1.生地をカットしましょう 




ART GALLERY FABRICSの布は以下の様にカットします。








キルト芯は以下の様にカットします。













2.本体部分になるパーツを作りましょう 



38cm×50cmのピース2枚を使います。



柄の向きのある生地は、柄が上に向くように中表に重ねて、
下側を縫い代1cmで縫い合わせます。
ここがバッグの底部分にあたります。










縫い代は中央で割り、アイロンをかけます。
全体にも丁寧にアイロンをかけましょう。






本体の布は裏側に向けたまま、
その上に50cm×70cmのキルト芯を下の写真の様に重ねます。
左右ともに1.5cmずつキルト芯の方が短くなるように
キルト芯の長さを調整してください。

キルト芯は接着のりのついている面を下にして重ねます。






スチームアイロンで布とキルト芯を貼り合わせます。
反対側からもアイロンをあてましょう。
完全に布と接着芯がくっつかなくても大丈夫です。








両側1.5cm(バッグの口にあたる側)は
アイロンで折り目をつけておきましょう。
(折り目をつけておくと後過程で楽になります)





アイロンで折り目をつけた後、再び折り目は起こし、
キルト芯側を外にしてふたつに折って
両側を縫い代1cmで縫い合わせます。












3.本体の内側部分(内布)になるパーツも縫い合わせます 








内布も同じく中表で重ねて
下側を縫い代1cmで縫い合わせます。

そして上部両側(バッグの口にあたる側)ともに
2cmで下記の様に折り
アイロンをかけておきます。
(折り目をつけておくと後過程で楽になります)





*内布には接着芯は貼り付けません。











そして内ポケットを作りましょう 

見本のバッグでは14cm×32cmの布を内ポケット用に使用しています。
内ポケットはご自身の使い易いサイズで作りましょう。

ここでは見本バッグの内ポケットの作り方をご紹介します。




まずはきれいにアイロンをかけます。





ぐるっと、周囲を縫い代7mmでアイロンをかけます。




ポケットの上部にあたる側のみもう一回折り、
三つ折りにしてアイロンをかけます。

そして三つ折り個所のみ先に縫い合わせておきます。




その後、上記の写真の様に内布の上にポケットをのせ
白い点線を縫います。
見本バッグでは、上から10cmの個所にポケットとなる布を置いて
待ち針をうっています。

ご自身が内ポケットに収納する予定のモノを想像して、
縫う位置はご自身のお好みで決めましょう!







内ポケットをつけた後、
2cmの折り目をつけた部分は起こして、
中表にして両側を縫い代1cmで縫い合わせましょう。












4.マチを作りましょう 




見本のバッグはマチを15cm(7.5cm+7.5cm)で制作しています。
(写真の矢印の幅が15cm)

ここは完成度の良し悪しに関わってくるので
丁寧に縫い合わせましょう!
上と下の縫い目を揃え、カットするラインをチャコペンで印をつけ
その上を縫い合わせます。







縫い目より1cmほど外側を写真の様にカットします。









そしてくるっと裏と表をひっくり返します。
完成が近づいてきました!









本体の内側になる布も同様に、
15cm(7.5cm+7.5cm)でマチを作ります。












5 .持ち手を作りましょう 




写真の様に布とキルト芯を貼り付けます。

写真上下の両側は1cmキルト芯の方を短く
写真左右の両側は3cm弱ほどキルト芯の方を短くなるように
長さを調整してください。







写真上下の両側1cmは写真の様に
アイロンで丁寧に折り目をつけます。





折り目をつけたら、中央でカットします。





どちらも幅が7cmになるように正確にカットしましょう。





2枚に切りました!







その後、以下の様にくるっと丸めます。
まずは2cmで折り曲げ、再度2cmで折り曲げると、
幅2cmの持ち手ができます。






そして白い点線部分を縫い合わせます。
長さ56cm×幅2cmの持ち手を2本作りましょう。
















6.いよいよ本体と内布を合体します!! 




本体と、内布と、持ち手2本ができました。





本体の中に、内布を、下の写真の様に入れます。







ここで事前にアイロンでつけておいた折り目が活躍します!

マチ底をしっかり合わせると、本体側の方が5mm長くなります。
そのため5mm内布を下にして、待ち針を打ちます。





ここではまだ縫い合わせないでください!








7.持ち手をつけましょう 





サイドの縫い目から7cmの個所に持ち手をつけます。

下の図を参考にしてください。 裏側から見た図です。






持ち手の位置を決めたら、待ち針でとめます。
その際、持ち手の端は3cmほど外布と内布の間に挟みます。
キルト芯のある個所が5mmほどミシンで縫う予定の縫い目より
下に位置
する様に調整してください。








そして裏側から、周囲をぐるっと縫い合わせます。
完成度に大きくかかわってくるので、丁寧に縫い合わせましょう!

特に持ち手部分が重なる場所を縫うときは慎重に!!














8.持ち手の付け根部分を縫い合わせます 



マルで囲った個所を裏側からミシン、または手縫いで縫い合わせます。
縫った跡が表側から見えない様に気を付けて!











完成です!!!やったー!







中央の位置に織ネームをつけるとオシャレ度アップ!
その裏側にホックを付けてみても良いですね
















アレンジのアイデア!




アレンジのアイデア1
ここをホックにしてもGOOD!



ホックを外せば、間口が広々出し入れがしやすくなります!

 >>キルトバッグとほぼ同じサイズで制作していますので、
   ホックを外した際の容量写真を参考にしてください。








アレンジのアイデア2


バッグの間口の長さが1cm違うだけで
微妙にバッグの形が変わります。
自分好みの形になる様に
持ち手を取り付ける際に
脇からの長さを調整してみましょう。



 こちらのSpringbloomで作ったバッグは
 間口の幅33cmです。

 Petal Picking Denseで作ったレシピより
 間口1cmほど広くなります。










また、こちらのバッグは取っ手の縫い付け部分と本体部分を
がっちりと手縫いで縫い固めているので
Petal Picking Denseで作ったバッグより型が崩れにくくなっています。






>>カットクロス4枚で作るパッチワークキルトバッグの作り方
  も参考にしてください!






使用した生地




・ART GALLERY FABRICSの布 90cm(生地巾108cm)






・片面接着キルト芯 50cm(生地巾90cm以上)