2016年8月13日






『使う』パッチワークキルトにこだわる

フェリダとコラボ  作家さんインタビュー第二弾 『生活の中で生きるパッチワークキルト 』



日常生活の中で『使う』ことにより、パッチワークキルトの良さを実感してほしいと話す
Eagle's Nest Quiltsさんにインタビューさせていただきました。





Q   まず最初に、Eagle's Nest Quiltsさんのパッチワークキルトには
   どのようなこだわりがあるのか、お聞かせいただけますか?

Eagle's Nest Quilts
     表側の布と裏の布ともにコットン100%の生地を使用しています。
     そして間にはさんでいるキルト綿にもコットン100%を使用していて、
     洗濯機で洗うことのできる、『毎日使うキルト』を縫っています。







Q   キルト芯にもコットン100%はすごいですね。
   Eagle's Nest Quiltsさんのこだわりを強く感じます。

Eagle's Nest Quilts
     日本ではキルト芯はポリエステル100%が主に使われいます。
     最初のころ、私も何の疑いもなくポリエステル100%のキルト芯を
     使っていましたが、
     アメリカやカナダに住んだことのある友人に
     『アメリカ・カナダではコットン100%が主流だよ』と
     5年前に教わってから、本場のキルトに近づきたくて、
     自分のキルトにコットン100%のキルト芯を使うようになりました。
     その友人のおかげで今のEagle's Nest Quiltsがあります。







Q   そうなんですか!フェリダでも綿100%を使用することを検討もしましたが、
   制作者側の使い勝手の良さもあってポリエステルを選んでおります… 
   それを聞いてちょっと反省しますね。
   実際に使う側の立場に立った場合、本当はコットンを選ぶべきなのでしょうね。

Eagle's Nest Quilts
     ベッドサイズのキルトを縫う時はやはりポリエステル綿に比べて
     コットン綿は重く、縫うのに重労働なのですが、
     肌触りや使用感が好きなので、コットン100%綿を使っています。

     コットン100%のキルト芯が気に入っているもうひとつの理由は、
     乾燥機にかけられることです。
     小さい子が遊びにきてジュースをこぼしたり汚しても、
     お天気を気にせず、洗って乾燥機に入れちゃいます。
     小さい子も怒られず上機嫌です(笑)。







Q   Eagle's Nest Quiltsさんの作品を拝見させていただいたところ、
   おっしゃる通りポリエステルのキルト芯とは違う自然な弾力があって、
   長く使用するのであれば確かにコットン100%のほうがいいと
   フェリダでも感じました。

Eagle's Nest Quilts
     はい。わが家でも日常に使っていて、
     その心地よさに魅了されているので、
     販売するものも綿100%にこだわりたいと思いました。







Q   Eagle's Nest Quiltsさんでは芸術作品として『飾る』キルト作品ではなくて、
   日常生活の中で『使う』キルト作品を作りたいと以前に
   おっしゃっていたことがとても印象に残っています。
   私もアメリカ人の友人の家に遊びに行ったときに、
   日常生活の中に素敵なパッチワークキルトが至る所で使用されていて、
   それがとても素敵だと思いました。

Eagle's Nest Quilts
     わが家では、ベッドカバーはもちろん、
     リビングにもパッチワークキルトが常備してあって、
     家族がお昼寝する時など重宝しています。
     折り畳んであれば枕代わりにしたり、広げて掛けたり。
     エアコンの効いた部屋が好きな夫と一緒にいる時も私はキルトにくるまっていれば
     同じテレビやDVDを楽しむことができます(笑)。







Q   Eagle's Nest Quiltsさんの作るキルト作品は、
   まさにフェリダがそうありたいと思っている作品そのものです。
   Eagle's Nest Quiltsさんのように、
   妥協せず使い心地のよいキルト作品をフェリダでも追及したくなってきました。

   今後はどのような作品を作りたいとお考えですか?

Eagle's Nest Quilts
     「ただいまー」って帰って来て、
     ごろっとソファーやベッドのキルトの上に横になった時に、
     ホッとするようなキルトを作りたいと思っています。
     お部屋の中にあって違和感の無い、
     家族の中にとけこんでいる様なキルトが作れたらと思います。







Q   素敵ですね!これからどんな作品が完成していくのかとっても楽しみです。
   最後に、Eagle's Nest Quiltsさんで
   アートギャラリーの生地を選んでいただいた理由をお聞かせいただけますか?

Eagle's Nest Quilts
     プレミアムコットンのアートギャラリーの布地を手にした時は、
     はりがあって薄い感じなのに、しっかりした印象でした。
     薄く感じた布の厚さも縫っていく上で何の問題もありませんでした。
     キルティングの時もコットン100%のキルト綿にすいつく感じで
     相性バッチリでした。
     アートギャラリーファブリックはデザイナーさんの個性的なデザインが豊富で、
     布のデザインを生かすキルトが作れたらと思っています。

     それに、アートギャラリーファブリックの布地で作るパッチワークは、
     欧米の20代から30〜40代の若い方々に人気がでているんですよね。







Q   さすがですね。パッチワークキルトの故郷でもある
   欧米の情報をいろいろ得られているんですね。
   おっしゃる通り、アートギャラリーの生地は欧米でも
   とくに若い世代のキルターさんから強い支持を受けています。
   そんな情報まで得て選んでいただいていたことはとても嬉しいです(^-^)







インタビューを終えて

     日本では芸術作品として『飾る』キルトが多い中、
     実生活の中で『使う』キルトを追及している作家さんは
     まだまだ欧米ほど多くいらっしゃいません。

     また欧米では一枚のキルトを永く愛用する家庭が多く
     長く使用すればするほど味が出てきてそれを楽しんでいる人々も多いため
     キルトにはそれなりのお金を出して購入する家庭が多いようです。

     そんな文化が日本にも根付けば素敵だと思います。
     そのためにもEagle's Nest Quiltsさんのようなキルターさんが増えて
     もっとキルトの魅力を日本人に伝えてくれたらと願います。













■ ■ Profile ■ ■


【Eagle's Nest Quilts】

ミシンでキルトを縫って12年。
緑豊かな茨城の田舎で
2015年よりminneでパッチワークキルトの作品を販売と、
自宅でキルティングフィニッシュサービスを始めました。


【SHOPデータ】         Eagle's Nest Quilts (minneショップ)    







フェリダのインタビュー記事


■ フェリダとコラボ 作家さんインタビュー第一弾 『子宮温活』

■ フェリダとコラボ 作家さんインタビュー第三弾 『人気ハンドメイド作家への一歩』