初心者さんのための用語解説
パッチワークキルトってどういう意味なの?
”パッチワーク”と”キルト”って意味が違うの?







チェック  パッチワークって何? パッチワークの歴史



パッチワークはヨーロッパが発祥の文化です。

昔、人々はぼろぼろになって着れなくなった衣服などで
まだ使用できる箇所を切り出し、
それらを縫い合わせて再利用した、継ぎはぎの一枚生地をしたてました。
布が貴重だった時代に、先人が編み出したスーパーエコの精神が
パッチワークの歴史の始まりなのです。

生活の知恵として始まったこの継ぎはぎだらけの生地が、
だんだんと進化して、パッチワーク独特の美しい模様を作りだし、
芸術的な作品にまで高められました。




アメリカでは、細かいピースを縫い合わせて作るパッチワークは、
19世紀半ばまであまり一般的ではありませんでした。
女性たちは糸を紡いで布を織ることで忙しく、
パッチワークのような時間のかかる作業に費やす時間がなかったためです。
しかし19世紀後半から工場で布が大量に生産されるようになり、
女性たちは針仕事により多くの時間を割くことができるようになり、
パッチワークが一般の女性の間で急速に広がりました。


今でもヨーロッパやアメリカなどの欧米では、
パッチワーク文化は普通の生活の中に溶け込み、
そのデザインや風合いが人々に愛されています。



いろいろな色や柄の生地を縫い合わせて作るのがパッチワーク。

*写真は Eagle's Nest Quiltsの作品です。
使用しているのはARTISANシリーズの生地です。






チェック  キルトって何? キルトの歴史



Quilt(キルト)の語源は、ラテン語で『物の詰まった袋』という意味です。

こちらもまた、先人の知恵が編み出した文化のひとつです。

ヨーロッパでも特に寒い地方で発祥したと言われます。
布と布の間に綿を詰めて一枚の生地にしたほうが
ただ布と布を重ねるよりずっと温かいということを人々は発見しました。

このように、布と布の間に綿などを詰めて縫い合わせ、
一枚の厚い生地に仕立てることをキルティングといい、
仕立てたものをキルトといいます。
欧米ではどの家でも自分のベッドにベッドカバーをかけますが、
それらのベッドカバーはキルトである場合がほとんどです。
場所によっては、キルトという言葉がベッドカバーを意味することもあります。

今では布と布を重ねて縫い合わせる際に花柄や波などの美しいライン模様を描いたりと、
こちらもまた芸術域にまで高められました。




ミシン目(または手縫い)が描いている美しいラインがキルトライン





チェック  ではパッチワークキルトって何?


パッチワークキルトとは、その言葉通り、
パッチワークとキルトを合わせたものです。

片面の布には美しいパッチワーク模様を施し、2枚の布を重ねて、
間に綿などの保温性の高い素材を挟んで縫い合わせます。
パッチワーク模様と、キルトの美しいラインが融合して、
多くの美しい作品が生み出されています。



”パッチワーク”と”キルト”を組み合わせることで、様々なデザインの美しい作品が完成します。



*写真は Eagle's Nest Quiltsの作品です。







チェック  モダンキルトという流行



キルトとはひと針ひと針丁寧に縫い合わせて作り上げた芸術品でしたが、
その後ミシンが普及するようになり作り方そのものががらりと変わりました。
あたらしいパッチワークキルトのスタイルが次々と現れたのです。


現代でも、伝統的なパッチワークキルトを愛する愛好家がたくさんいる半面、
現代的で斬新なデザインや色合いのパッチワークキルトが
欧米の特に若い世代の間で流行しています。
ミシンが発達し、天然素材以外のさまざまな化繊素材が現れ、
染色技術も格段に向上したために、現代の私たちは様々な鮮やかで美しい色柄の生地を
簡単に手に入れることができるようになりました。

そのため多様なパッチワークキルトを簡単に作ることができるようになり、
人々は今までになかった斬新なアイデアをパッチワークキルトに
込めることができるようになったのです。


様々なデザインのモダンキルト


また、もう着ることのない思い出の詰まった洋服やTシャツ、子供服、
かばん、パジャマ、バスタオル、カーテンなどなど、様々な素材を縫い合わせて制作する
『Memory Quilt(メモリーキルト)』などの制作も欧米などの西洋で流行っています。
こうすることで大切な思い出をひとつのキルトに残すことができるのです。
またメモリーキルトを制作してくれるキルターさんも、
ヨーロッパやアメリカにはたくさんいます。
日本にはまだまだ根付いていない文化のひとつですね。









チェック  ART GALLERY FABRICSとモダンキルト



アメリカの綿生地メーカーの多くは、
キルト用の生地を提供するという目的からスタートしています。
それだけアメリカではキルター(キルト愛好家)が多いためです。


その中でもアートギャラリーファブリックス社は、
個性的なデザインと美しさを追求することに情熱を傾け続け現在に至っています。
また綿生地の色柄はもちろんのこと質にも徹底的にこだわっているため、
キルトだけでなく、衣服や生活全般に渡って様々なシーンでご利用いただけます。

アメリカの中でも、ART GALLERY FABRICSはモダンキルターたちを
引っ張っている存在です。














    

    ART GALLERY FABRICSの
    華麗なるパッチワークキルト作品集

    アートギャラリーファブリックスの
    本格的なアメリカモダンキルト紹介


    >>>詳しくはこちらをご覧ください。







 

フェリダのヨミモノ



■ 超簡単!二重ガーゼハンカチの作り方
     オーガニックコットンのハギレを捨てるなんてもったいない!!
     とっても便利なハンカチやタオルを作っちゃお!

■ おススメ!ファッションショーレポートページ
     アートギャラリーファブリックスの生地で作った華やかな洋服の数々!
     布のイメージが膨らみます!

■ フェリダの商品撮影で使用している小物をご紹介
     度々フェリダの商品写真に登場している小物たちは
     どれくらいの大きさなの?そんな素朴な疑問にお答えしています

■ 【初心者さん向けの洋裁知識 綿生地編】
     ピマコットンって何?
     ローン、ブロード、シーチングの違いって?

■ 超簡単!ヨガマットの入るヨガバッグ
     作り方のアイデア!

■ あなたは布フェチ? 布フェチ度チェック
     布が好き。布に対する愛が止まらない(笑)
     「布フェチ度」をチェックしてみましょう!

■ 天然素材の生地で開運!
     上質な天然素材を着るだけで開運。
     ぜひお試しください。

■ ネットショップ運営を応援!
     フェリダがネットショップ運営を手ほどき?
     布屋を目指す方に見てほしいページです。

■ 布でDIY!おしゃれにお部屋をアレンジ 寒さ対策編
     すきま風を防ぐだけで暖かくてエコ対策。
     ちょっとした工夫をしてみてください。

■ ハンドメイド作家さんの作品紹介
     フェリダの布で作品を作ってくれている作家さんを紹介しています。

■ 布ナプキンを作ろう!
     最近人気の布ナプキンってとっても簡単につくれちゃいます。

■ 水通しってしたほうがいいの?
     よくいただくご質問にお答えしました。

■ 色であなたの深層心理を診断!
     どの色の布にしようか迷われたらぜひ試してみてください。

■ どうしてオーガニックコットンがいいんだろう?
     ちょっとだけフェリダ店長の独り言。

■ 布屋フェリダの店長日記
     布とはまったく関係ありません。
     名古屋近郊のワースポットや穴場スポットを紹介!